【眠りの図書館】眠りのための基礎知識

睡眠時間は8時間必要?

よく、理想の睡眠時間として「1日8時間」という数字があげられますが、これは医学的根拠があるわけではなく、多くの人の睡眠時間が6~9時間の間という統計から出された平均的な睡眠時間にすぎません。

近年、日本人の平均睡眠時間は年々減少傾向にあります。NHKが2000年に行った国民生活時間調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間23分で、年代別では30代が6時間57分、40代が6時間59分と、働き盛りの年代で特に睡眠時間が短いという結果が得られました。

ただし、平均睡眠時間はあくまでも一つの目安。睡眠時間にはかなりの個人差があり、平均睡眠時間より短いからといって不健康な眠りというわけでも、不眠というわけでもなく、6時間よりもっと少ない3~4時間の睡眠で十分な人もいれば、9時間以上の睡眠が必要な人もいます。基本的には、日中眠気がなく、きちんと活動していくのに十分な睡眠時間が確保されていれば、何時間でもかまわないといえます。

長く眠る人でも、脳の睡眠であるノンレム睡眠は短時間睡眠の人と変わらないとの報告もあります。
睡眠は時間よりも「質」の方が重要。質のよい睡眠とは、目覚めがスッキリとしていて、ぐっすり眠ったという満足感が得られる眠りのことです。

日本人の平均睡眠時間

眠りのための基礎知識

  • 自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

自分の眠りの状態をチェックして最適な治療をしましょう

  • チェックシートへ(WHOプロジェクト版)

眠りのことで悩んでいませんか?

  • 最近寝つきが悪い
  • 朝早くに目が覚めてしまう
  • 深夜にふと目が覚めてしまう
  • 眠りが浅くスッキリしない

他の病気が原因で不眠症になるケースもあるんです

  • 高血圧と不眠
  • 糖尿病と不眠

眠りの図書館

  • 眠りのための基礎知識
  • 睡眠薬について
  • 高齢者の睡眠障害
  • 女性の睡眠障害
  • ビジネスマンの睡眠障害
  • 青少年の睡眠障害
  • 快眠のための工夫いろいろ
  • よくある質問 FAQ